バースデーカード あらすじ

映画「バースデーカード」あらすじ

ビデオマーケット公式サイトより引用。


<引用ここから>


天国に旅立った母が20歳まで娘に送り続けた、愛の手紙。

天国に旅立った母が20歳まで娘に送り続けた、愛の手紙。 幼い子供たちを残し、天国に旅立った母の約束。 それは、未来の娘たちに向けて毎年バースデーカードを贈ることでした。

娘が20歳(おとな)になる、その日までー。 手紙を通し、様々な困難や新しい出会いに直面していく娘・紀子を演じるのは橋本愛。

紀子が10歳の時に若くして病死し、手紙を書き残す母・芳恵に宮崎あおい。

そして、家族を大きな愛で包む紀子の父・宗一郎にユースケ・サンタマリア、紀子の弟・正男に須賀健太と、個性豊かな実力派俳優が集結し、この秋スクリーンで観る者の心を温かくし、爽やかに涙する映画が誕生しました。


<引用ここまで>


引用元≫≫ビデオマーケット 「バースデーカード」